2017年3月期決算短信 ハイライト

'16/3月期

'17/3月期

増減率

 売上高(百万円)

276,709

273,752

-1.1%

 営業損失(百万円)

-2,897

-6,603

-

 経常損失(百万円)

-3,937

-7,385

-

 親会社株主に帰属する
 当期純損失
(百万円)

-6,227

-8,688

-


 当社グループが属しておりますエレクトロニクス業界におきましては、その牽引役をスマートフォンに依存する傾向が続いていますが、その成長性は鈍化しています。その一方で、自動車の電子化・自動化やIoT(モノのインターネット化)の進展により、新たな市場の拡大が期待されます。
 このような状況の下、当社グループは、ソニー製の半導体・電子部品事業を軸とし、自社工場におけるEMS(電子機器受託製造サービス)等の高付加価値事業の拡大、取扱い製品の拡張、新規事業の創出に引き続き注力してまいりましたが、売上高は円高に加え、熊本地震の影響もあり減少しました。また、連結子会社であるUKC ELECTRONICS(H.K.)CO.,LTD.(以下、UKC香港という)及びUKC ELECTRONICS(S)PTE,LTD.(以下、UKCシンガポールという)における貸倒引当金計上等により、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は、2,737億52百万円(前年同期比1.1%減)、営業損失は66億3百万円(前年同期は28億97百万円の損失)、経常損失は73億85百万円(前年同期は39億37百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失は86億88百万円(前年同期は62億27百万円の損失)となりました。


 [連結貸借対照表]

(百万円)

 流動資産

116,426

 流動負債

83,823

 固定資産

7,811

 固定負債

3,260

 

 

 純資産

37,154

 総資産

124,237

 負債純資産合計

124,237

 当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末と比較して84億79百万円増加し、1,242億37百万円となりました。これは主に、現金及び預金の減少26億29百万円、受取手形及び売掛金の増加38億74百万円、電子記録債権の増加2億33百万円、たな卸資産の増加17億15百万円、前渡金の増加49億46百万円、その他流動資産の増加5億12百万円、貸倒引当金の増加13億12百万円及び投資有価証券の増加1億33百万円によるものであります。
 負債は、前連結会計年度末と比較して184億3百万円増加し、870億83百万円となりました。これは主に、支払手形及び買掛金の増加106億17百万円、短期借入金の増加104億4百万円、1年内返済予定の長期借入金の減少14億99百万円、未払法人税等の増加43百万円、その他流動負債の増加2億5百万円及び長期借入金の減少13億35百万円によるものであります。
 純資産は、前連結会計年度末と比較して99億24百万円減少し、371億54百万円となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純損失86億88百万円、利益剰余金からの配当8億63百万円、その他有価証券評価差額金の増加1億77百万円、為替換算調整勘定の減少5億53百万円を要因としたその他の包括利益累計額の変動額3億58百万円によるものであります。


 2017年3月期決算短信 事業セグメント別営業状況

 半導体及び電子部品事業

'16/3月期

'17/3月期

増減率

 売上高(百万円)

258,412

255,567

-1.1%

 半導体及び電子部品事業におきましては、下期は海外スマートフォン向け等の売上が好調に推移したものの、上期から11月上旬まで続いた円高の影響や4月の熊本地震に伴う一部製品の販売機会損失により、減収となりました。また、UKC香港及びUKCシンガポールにおける貸倒引当金計上等により、セグメント損失を計上しました。

 以上の結果、売上高は2,555億67百万円(前年同期比1.1%減)、セグメント損失は68億80百万円(前年同期は30億9百万円の損失)となりました。


 電子機器販売事業

'16/3月期

'17/3月期

増減率

 売上高(百万円)

17,211

16,988

-1.3%

 電子機器事業におきましては、第4四半期の業績は前年同期を上回ったものの、通期売上高は微減となりました。セグメント利益は、利益率の向上により増益となりました。

 以上の結果、売上高は169億88百万円(前年同期比1.3%減)、セグメント利益は2億50百万円(前年同期比39.2%増)となりました。


 システム機器事業

'16/3月期

'17/3月期

増減率

 売上高(百万円)

2,882

2,891

+0.3%

 非接触ICカード関連事業におきましては、売上高は前年同期比微減となりましたが、電子マネーや出入管理関連ビジネスの商談は引き続き活況に推移しております。その一方で、半導体及び電子部品の信頼性試験・環境物質分析サービス事業におきましては、車載向け等受注増により、増収となりました。セグメント利益は、利益率の向上により増益となりました。

 以上の結果、売上高は28億91百万円(前年同期比0.3%増)、セグメント利益は2億4百万円(前年同期比48.6%増)となりました。


 事業セグメント別売り上げ構成比

事業セグメント別売り上げ構成比

 Copyright(C) UKC Holdings Corporation All rights reserved