株式会社UKCホールディングス

決算短信ハイライト 事業セグメント別営業状況

 平成24年3月期第3四半期決算短信 ハイライト

'11/3月期第3四半期

'12/3月期第3四半期

増減率

 売上高(百万円)

228,822

193,251

-15.5%

 営業利益(百万円)

3,394

3,676

+8.3%

 経常利益(百万円)

2,947

3,235

+9.8%

 四半期純利益(百万円)

1,978

1,717

-13.2%

 経営成績に関する分析

 当社グループが属するエレクトロニクス業界におきましては、東日本大震災やタイの水害影響が広範に波及し、電子部品・材料から最終製品に至るまで生産の停滞が見られました。国内の消費動向は依然として低調で、アナログ停波や節電志向の高まりにより、地上デジタル放送対応テレビやLED照明等に限定的な需要があったものの、本格的な回復には至っておりません。
 このような状況の下、当社グループにおきましては、コアであるソニー製の半導体・電子部品事業をさらに強化するとともに、EMS(電子機器受託製造サービス)等の高付加価値事業を強化するべく事業活動を行ってまいりました。平成23年7月に実施した子会社事業の譲渡の結果、前年同期と比較すると売上高は減少したものの、高付加価値製品の売上比率が拡大したことにより、営業利益・経常利益は増加いたしました。四半期純利益につきましては、主要事業会社2社の合併に伴う統合費用等グループの構造改革コストの負担や税制改正等に伴う税金費用の増加により減少いたしました。
 以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,932億51百万円(前年同期比15.5%減)、営業利益は36億76百万円(前年同期比8.3%増)、経常利益は32億35百万円(前年同期比9.8%増)、四半期純利益は17億17百万円(前年同期比13.2%減)となりました。


売上高・営業利益
経常利益・四半期純利益

 [連結貸借対照表]

(百万円)

 流動資産

90,213

 流動負債

50,449

 固定資産

4,823

 固定負債

6,095

 

 

 純資産

38,491

 総資産

95,036

 負債純資産合計

95,036

 当第3四半期連結会計期間末の総資産は、主に現金及び預金が17億40百万円、受取手形及び売掛金が114億66百万円、たな卸資産が37億36百万円、その他流動資産が15億26百万円減少したことにより前連結会計年度末と比較して188億76百万円減少し、950億36百万円となりました。
 負債は主に支払手形及び買掛金が136億56百万円、短期借入金が38億51百万円減少したことにより前連結会計年度末と比較して186億72百万円減少し、565億45百万円となりました。
 純資産は四半期純利益17億17百万円及び、利益剰余金からの配当5億49百万円、その他の包括利益累計額の変動額9億47百万円、少数株主持分4億50百万円の減少により、前連結会計年度末と比較して2億3百万円減少し、384億91百万円となりました。


▲ページのトップへ

決算短信ハイライト 事業セグメント別営業状況

 平成24年3月期第3四半期決算短信 事業セグメント別営業状況

半導体及び電子部品事業

半導体及び電子部品事業

'11/3月期第3四半期

'12/3月期第3四半期

 売上高(百万円)

215,100

181,334

 半導体及び電子部品事業におきましては、震災やタイの洪水被害による仕入先からの商品調達難や顧客のセット生産減少の影響に加え、平成23年7月に当社連結子会社である株式会社ユニーデバイスが営む事業を丸文セミコン株式会社へ譲渡したことに伴い、売上高は減少いたしました。その一方で、スマートフォン向けのタッチパネル販売や液晶モジュールの基板実装受託(EMS事業)、車載向けの液晶パネルの販売増に加えて、直管型LED蛍光灯等のLED関連ビジネスも拡大するなど、比較的付加価値の高い事業が伸長した結果、セグメント利益は増加いたしました。
 以上の結果、売上高は1,813億34百万円(前年同期比15.7%減)、セグメント利益は49億78百万円(前年同期比8.2%増)となりました。

電子機器事業

電子機器事業

'11/3月期第3四半期

'12/3月期第3四半期

 売上高(百万円)

12,267

10,500

 電子機器事業におきましては、震災やタイの洪水被害の影響により、仕入先からの商品の調達が遅滞したことに加えて、顧客の設備投資予算の凍結や執行延期等も一部発生したため、業績は低調に推移いたしました。
 以上の結果、売上高は105億0百万円(前年同期比14.4%減)、セグメント損失は25百万円(前年同期は60百万円の利益)となりました。

システム機器事業

システム機器事業

'11/3月期第3四半期

'12/3月期第3四半期

 売上高(百万円)

1,454

1,416

 非接触ICカード関連事業におきましては、一部顧客からの受注が延期される等の影響がありました。一方、半導体及び電子部品の信頼性試験・環境物質分析サービス事業におきましては、試験数、新規案件の増加に伴い、業績も好調に推移いたしました。
 以上の結果、売上高は14億16百万円(前年同期比2.6%減)、セグメント利益は1億22百万円(前年同期比 596.8%増)となりました。

▲ページのトップへ


本業績概要に関するお問い合わせは、ご遠慮なくご連絡下さい。
ご質問には迅速に対応させて頂きます。

問合せ先:株式会社UKCホールディングス 経営企画部
 【TEL】03-3491-6575 【Email】ir@ukcgroup.com

 Copyright(C) UKC Holdings Corporation All rights reserved