株式会社UKCホールディングス

決算短信ハイライト 事業セグメント別営業状況

 2013年3月期第1四半期決算短信 ハイライト

'12/3月期第1四半期

'13/3月期第1四半期

増減率

 売上高(百万円)

72,718

66,322

-8.8%

 営業利益(百万円)

1,002

1,839

+83.5%

 経常利益(百万円)

917

1,416

+54.5%

 四半期純利益(百万円)

615

876

+42.3%

 経営成績に関する分析

 当社グループが関連しておりますエレクトロニクス業界におきましては、スマートフォンやタブレット端末等の一部に堅調な需要がみられましたが、テレビを中心としてデジタル家電の国内販売は依然として低調で、本格的な回復に至っておりません。
 このような状況の下、当社グループは、中核事業であるソニー製の半導体・電子部品事業をさらに強化するとともに、EMS(電子機器受託製造サービス)等の高付加価値事業の拡大に取り組んでまいりました。平成23年7月に実施した子会社事業の譲渡の結果、前年同四半期と比較すると売上高は減少したものの、高付加価値製品の売上比率が拡大したことにより、営業利益・経常利益・当期純利益が増加いたしました。
 以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は663億22百万円(前年同期比8.8%減)、営業利益は18億39百万円(前年同期比83.5%増)、経常利益は14億16百万円(前年同期比54.5%増)、四半期純利益は8億76百万円(前年同期比42.3%増)となりました。


売上高・営業利益
経常利益・四半期純利益

 [連結貸借対照表]

(百万円)

 流動資産

109,258

 流動負債

67,947

 固定資産

5,256

 固定負債

6,884

 

 

 純資産

39,683

 総資産

114,515

 負債純資産合計

114,515

 当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末と比較して101億30百万円増加し、1,145億15百万円となりました。これは主に、受取手形及び売掛金の増加96億71百万円によるものであります。負債は、前連結会計年度末と比較して101億17百万円増加し、748億31百万円となりました。これは主に、支払手形及び買掛金の増加35億77百万円、短期借入金の増加65億30百万円によるものであります。
 純資産は前連結会計年度末と比較して12百万円増加し、396億83百万円となりました。これは主に、四半期純利益8億76百万円、利益剰余金からの配当5億49百万円、その他有価証券評価差額金の減少60百万円を主因としたその他の包括利益累計額の変動額94百万円、少数株主持分の減少48百万円によるものであります。


▲ページのトップへ

決算短信ハイライト 事業セグメント別営業状況

 2013年3月期第1四半期決算短信 事業セグメント別営業状況

半導体及び電子部品事業

半導体及び電子部品事業

'12/3月期第1四半期

'13/3月期第1四半期

 売上高(百万円)

69,351

63,284

 半導体及び電子部品事業におきましては、平成23年7月1日付で当社連結子会社である株式会社ユニーデバイスが営んでいた事業を丸文セミコン株式会社へ譲渡したことに伴い、売上高は減少いたしました。その一方で、スマートフォン向けタッチパネルの販売や液晶モジュールの基板実装受託(EMS事業)等の比較的付加価値の高い事業が伸長した結果、セグメント利益は大幅に増加いたしました。
 以上の結果、売上高は632億84百万円(前年同期比8.7%減)、セグメント利益は24億13百万円(前年同期比52.6%増)となりました。

電子機器事業

電子機器事業

'12/3月期第1四半期

'13/3月期第1四半期

 売上高(百万円)

2,913

2,596

 電子機器事業におきましては、顧客の設備投資が依然として低調なため、売上高は減少いたしました。その一方で、付加価値の高いシステム製品の販売が伸長したことにより、セグメント損失は改善いたしました。なお当事業につきましては、顧客層の特性上、第1四半期と第3四半期は、第2四半期と第4四半期に比して売上・利益ともに低調に推移する傾向があります。
 以上の結果、売上高は25億96百万円(前年同期比10.9%減)、セグメント損失は1億82百万円(前年同期比9百万円の改善)となりました。

システム機器事業

システム機器事業

'12/3月期第1四半期

'13/3月期第1四半期

 売上高(百万円)

453

441

 非接触ICカード関連事業におきましては、顧客の投資意欲の停滞もあり、業績は低調に推移いたしました。一方、半導体及び電子部品の信頼性試験・環境物質分析サービス事業におきましては、試験数や太陽電池関連等の新規案件の増加に伴い、業績も比較的好調に推移いたしました。
 以上の結果、売上高は4億41百万円(前年同期比2.7%減)、セグメント利益は57百万円(前年同期比17.3%増)となりました。

▲ページのトップへ


本業績概要に関するお問い合わせは、ご遠慮なくご連絡下さい。
ご質問には迅速に対応させて頂きます。

問合せ先:株式会社UKCホールディングス 経営企画部
 【TEL】03-3491-6575 【Email】ir@ukcgroup.com

 Copyright(C) UKC Holdings Corporation All rights reserved